驚きの価格

メガネの価格破壊とは

メガネは今やファッションのアイテムの1つとなり、度の入っていないタイプをファッションに取り入れる事などが、ブームとなっています。 また実際に度の入ったメガネなども色々なデザインや、機能を持った商品が販売されていて、メガネ販売店は今も増えています。 メガネ業界に新たな風が吹き出したのが、価格破壊とも言える低価格でありながら高品質の商品を、販売する小売店が多くなってきた事も要因の1つと挙げられます。 価格帯はメガネの材質や機能などで変わってくるので、一概には言えませんが安い商品になると3000円台から商品を選ぶ事が出来ます。 低価格で商品を売り出している店もあれば、こだわりの職人の商品などは少し高めの価格設定でありながら、機能性を重視する人などから人気があります。 このようにこれから先も、低価格帯の商品とこだわりの価格が高めの商品に二分化が進んでいき、種類も細分化されていく傾向にあります。

より自分に合った商品を選ぶ

メガネの定義は目の屈折異常を補正する為や、目全体を保護したりファッションなどの一部として、着飾る為に目の周りに装着する器具であるとされています。 メガネの歴史は古く、物を見る時にレンズを使用して拡大するといった物は、紀元前1世紀に既にあったとされています。 世界で初めてメガネを発明したと言われているのは、1284年頃のイタリアであったと記録されています。 その後もフレームや細かな修正を繰り返して、今の様なレンズに球面レンズを使用したタイプのものは、20世紀に入ってから広く使用されるようになりました。 長い歴史を持ちながら、新しいデザインや機能性などが生まれている現状では、現代人の悩みで多いパソコンの目の疲れを軽減するタイプの商品や、花粉などのアレルギーをシャットアウトするような商品なども販売されています。 これから先もより自分に合った、オーダーメイドの様なメガネの販売は増える勢いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 適切な視力を維持するためのメガネ〜もはや体の一部のメガネ All Rights Reserved.